社会の役に立つ仕事

女の人

具体的な仕事内容

あん摩マッサージ指圧師になるためには、厚生労働大臣の国家免許に合格する必要があります。専門学校で教育を受けてから国家試験を受けることができます。具体的な仕事の内容は、肩こりや体の痛みなどを持つ患者さんに施術を行い、症状の軽減を図ります。施術はあん摩、マッサージ、指圧です。問診や身体の検査なども仕事に入ります。患者さんの身体の不快症状があるところを、手を使って治療を行います。手で施術をすることで身体の血行を良くして痛みや不調の改善をします。患者さんの身体が自分で不調を治そうとする自然治癒力や免疫力が向上するようにサポートします。あん摩マッサージ指圧師は医師の指示のもとや、場合によっては理学療法士やケアマネージャーなどとも連携して、患者さんのケアに努めます。

様々な分野で活躍できます

あん摩マッサージ指圧師の仕事の場所はたくさんあり、病院では医師の指示のもとに施術メニューを実施します。また近年では患者さんの自宅への訪問型の仕事もあります。介護施設や治療院でも多くのあん摩マッサージ指圧師がスポーツに関係する場所でも活躍しています。スポーツ選手のトレーナーとして健康管理や応急処置などを行い、選手のサポートを行います。他にも美容関係のマッサージ師としても活躍できます。またあん摩マッサージ指圧師は開業をすることが可能です。機械を使って施術を行わずに自分の手一つで施術が可能なので、少ない資金で開業ができます。子どもから高齢の方まで幅広い人が対象になり、多くの人の役に立つことができる仕事です。

Copyright© 2017 人気の資格である医療事務について勉強する方法 All Rights Reserved.