悩みによりそう仕事

カウンセリング

向いているタイプ

心理カウンセラーとは、様々な悩みに寄り添ってともに解決策を考える仕事のことです。心理カウンセラーという資格があるわけではなく、相談者の悩みに寄り添う職業全般をさす言葉です。学校で子どもたちの悩みに寄り添うスクールカウンセラーや、労働者の悩みを聞く産業カウンセラー、医療的観点から悩みを解決する臨床心理士などが代表的なものです。心理カウンセラーになるのに向いている人とは、きちんと人の話を聞ける人です。精神的な悩みは本人が解決するしかないことも少なくありません。相談する人は話を聞いてもらいたがっているだけのことも大いにあります。アドバイスや解決策の提案よりも、話をきちんと聞き、受け入れる姿勢を持つことが重要です。

活躍の場は拡大傾向

心理カウンセラーになるのに特に資格は必要ありません。働く場によって必要とされる能力や資格も変わってきます。資格はなくても働けますが、きちんとした知識があるということを裏付けるためには、民間資格でもよいので何か資格を持っておく方がよいでしょう。実際に心理カウンセラーとして働いている人は、何らかの資格を持っていることが大半です。また、心理カウンセラーの活躍の場は拡大している傾向にあります。社会が複雑化するにつれて、様々な悩みを持つ人が増えてきているためです。精神疾患を患う人も増えてきており、社会的なニーズは増大しています。介護施設や病院、公的施設などでもニーズは登場してきています。今後はますますニーズが増えていくでしょう。

Copyright© 2017 人気の資格である医療事務について勉強する方法 All Rights Reserved.